鈴木おさむが木村拓哉へ公開出演オファー!何の番組?放送日はいつ?奇跡の仕事とは

3月31日で放送作家の仕事引退される鈴木おさむさん。
この度、自信のラジオ番組への出演オファーを木村拓哉さんに送ったことが話題になっています。

本人にも事務所にも無断の公開オファーという形ですから、普通に考えたらこれは木村拓哉さんサイドとしたら激オコ案件です。

でも2人の関係だからこそできることでしょうし、何か奇跡が起こりそうな気がしてなりません。

エンターテイメントのど真ん中で正真正銘のスターである木村拓哉さんと、放送作家としてエンターテイメントを作り上げてきた裏のスーパースターともいうべき鈴木おさむさんの2人が絡んで何も起こらないはずはない。何も起こらないことすらドラマになるのではないかとさえ思う。

私はその期待と祈りの意味で記事にしておきたいと思いました。

私は45歳。

鈴木おさむさんの「仕事の辞め方」に強く刺激を受けました。

この本を読むと鈴木おさむさんと木村拓哉さんの関係の深さもよくわかる。

created by Rinker
¥1,410(2024/07/21 09:57:53時点 Amazon調べ-詳細)

 

この公開オファーが何もなかったかのように過ぎ去る姿も、奇跡的に木村拓哉さんが出演する姿もどちらも想像がつく。
そのどちらの姿も見逃したくないなと思いました。
単なる収益目的のトレンドブログ、こたつ記事だろうと思うかもしれませんが、意思を持って書いたのこ記事を最後まで読んでいただけたら嬉しいです。

 

木村拓哉へオファーしたラジオ番組と放送予定日

鈴木おさむさんが公開オファーしたラジオ番組は以下の番組です。

JUMP UP MELODIES
TOKYOFM
毎週金曜 13:00 – 14:55(115分)に放送

3月に入り金曜日は1.8.15.22.29と5回の放送になります。

このうち、木村拓哉さんにオファーしたのは3月29日です。

3月の5回の放送には鈴木さんのゆかりの深い方をゲストに招いて放送するそうです。

 

木村拓哉へ公開出演オファーの真相

鈴木おさむさんが木村拓哉さんに公開オファーを行ったのはAERAの今を生きる同世代の方々におくる連載『1970年代生まれの団ジュニたちへ』というコラムの中である。

AERAdot(https://dot.asahi.com/list/media/dot)のコラムはとても面白い。

これはこれで全部読んでみてもらいたいのだが、まずは今回の公開おオファー本人の言葉そのままを読んでみてもらいたい。

以下鈴木さんのオファーを抜粋する。

木村拓哉様
お元気してますでしょうか? 最後にお会いしてから6年近く経ちますでしょうか?
ご存じと思いますが、3月31日で32年やってきた放送作家を辞めることにしました。
同学年のあなたと初めて出会ったのは、22歳のころ。東京FMのスタジオでした。
僕は同じ年の男性アイドルと仕事するのにナメられてはいけないと思い、最初に会ったときに、「俺、『夢がMORIMORI』、嫌いなんだよね」と超イタい発言したら、あなたは、笑いながら、「俺も」と言って右手を差し出してくれました。あの握手から全てが始まりました。
東京FMのラジオ番組「木村拓哉のWhat’s UP SMAP!」の作家として、かなりやんちゃな番組を作りました。自分と同世代の男性も振り向かせてやろうと必死になりすぎて、そのイキすぎた内容にマネージャーさんにブチギレされたこともありました。だけど、そういうときも、常に笑ってくれてました。
あのラジオをきっかけに、「SMAP×SMAP」に僕も参加させてもらい、グループともお仕事をさせてもらうことになりました。
スマスマのコントも、女性だけでなく大人の男性も振り向かせたいと、一緒に話して沢山のものを一緒に作りました。
同じ年だったので、木村拓哉が同じ年の一般の方々も含めた色んな人と話す番組「同学年」も作りましたが、あの企画を話したときに、「同学年」という「学年にこだわるセンス」に、共感と共に、やっぱり、すげーな!と感じるしかなかった。
22歳で出会って、20年以上本当に一緒に色んな物作りをさせてもらいました。グループ解散後も、木村拓哉らしく生きていくその生き様、勝手に意識しています。
そんな、あなたに、今日、一つ、公開オファーをさせて頂きます。
僕が東京FMで毎週、金曜日にやっている東京FMのラジオ「JUMP UP MELODIES」という番組があります。お昼1時から3時まで毎週生放送をしています。

この番組は放送作家を辞めた4月以降も素人のおじさんとして、続けさせて頂くのですが、3月は、僕がここまで放送作家をやってきて、ゆかりの深い方達に登場して頂くことになっています。
今日は3月1日。その一発目は、女優の水野美紀さんと放送作家の先輩の高須光聖さん。
来週はタカアンドトシと、僕が初めてこの業界に入ったときに仕事をした槇原敬之さんが来てくれます。
僕が放送作家として出演する最後の放送は3月29日になります。1時台は、色々とお仕事をさせていただいたあの芸人さんが来てくれます。後半の2時台は、勝手に空けてありまして。
最初からここは「木村拓哉」にオファーをしたいなと思っていたのですが、4月から始まるドラマを撮影中だろうし、絶対無理だろうと思っています。
だけど、絶対無理と思ってるなかで、ただオファーしないのも、ちょっと違うんじゃないかと思って、今、ここで公開オファーをします。
僕がマネージャーだったらいきなりこんなところに書かれて「ふざけるな!」とキレます。それが普通です。
ですが、あなたとお仕事をしてきた20年以上。常に1%の奇跡を信じて仕事をしてきました。だから、最後の最後に、普通だったらありえませんが1%の奇跡を信じて、ここに書いてみようと。
会って直接感謝を伝えたいなと思っています。そんなんだったら、自分から現場に挨拶に来いよと思うのも百も承知ですが。ですが、ここまで来たら、自分らしく、エンターテイメントにするべきかなと。
改めて言いますが、かなり掟破りだし、ドラマもやってるだろうし、絶対無理だと思っています。
だけど、こうやって書くことから、ダメでも何か物語が生まれるんじゃないかと。
3月31日までは放送作家らしく生きたいなと。無礼を承知で、このエッセイに書いています。お許しください。
でも。やっぱり。
「ライフ イズ エンターテイメント」かなと。
残り1カ月。放送作家の自分らしく振り切って生きようと思います。
2024年 3月1日 鈴木おさむ

引用:AERAdot(https://dot.asahi.com/list/media/dot)

 

ラジオ番組「JUMP UP MELODIES」の3月ゲスト

TOKYOFM
毎週金曜 13:00 – 14:55(115分)に放送される番組のゲストは以下の通り。

全員鈴木おさむさんにゆかりの深い方ばかりとのことだ。

3/1 水野美紀(女優)・高須光聖(放送作家)
3/8 タカアンドトシ(芸人)・槇原敬之(アーティスト)
3/15 ココリコ田中直樹・EXILE HIRO
3/22 さまぁ~ず・山下達郎
3/29 笑福亭鶴瓶・???

放送はradikoで聴くこともできそうです。

 

奇跡を信じた最後の仕事

鈴木おさむさんが最後に賭けに出ている感じがすごく面白いし、仕事への向き合い方、鈴木さんの仕事の仕方そのものが、今回のこの公開オファーにつめこまれている。
私は「仕事の辞め方」を読んでからこの記事を読んだから余計にそう思う。

むしろこの本を読んでいない方だと、「木村拓哉というスターになんという失礼を!」という反応になるはず。
だって、勝手に公開オファーされたら断りづらい。普通。
もし断ったら木村さんが世間から、ネガティブなレッテルを貼りまくられるのが目に見えてわかる。
もし来たら木村さんの男が上がる。

で、そんなことはきっと鈴木さんは百も承知であって。

超一流のスーパースターと超一流の放送作家とリスナーとマスコミとファンとアンチといろんな心理がいろんな方法から突き刺さっている状態で、鈴木さんはできるわけがないコントロールを奇跡的な運命に任せている。

私達一般人が予想できることなんてたかが知れていて、更にはるか上をいく壮大な物語を作家として描いていて、裏で動いているかもしれないというワクワクもある。
鈴木さんは奇跡という言い方をしているが、これはなるようになって、結果は必然のもの。
でもそれは多分奇跡に見える。

仕事を通してかなり親密だった2人がSMAP解散をきっかけに6年以上会っていない。
そして放送作家として会える最後のタイミングをこのような手法にした。
もしかしたらこれによって絶縁のような関係にもなり兼ねない。
さてどうなるのだろうか。

木村拓哉の出演はあるか・・・

木村拓哉さんと鈴木おさむさんが共演したら何とも大きな話題となると思われる。
鈴木さんが放送作家を辞める直前の最後のラジオ。
SMAPとかなり親密だった鈴木さんと木村さんの共演
今、木村さんはSMAPの中でも1人だけSMAPメンバーとの共演やコミュニケーションが表立ってはない状況です。
SMAPのファンとしては何かしらの進展に期待せずにはいられないと思う。
私は木村拓哉さんは出演すると思っている。
だからこの日は有休を取得する予定だ。
同世代2人が今何を語るのかを聞き届けたい。

そしてもう一度、鈴木おさむさんの著書に目を通しておこうと思う。

created by Rinker
¥1,410(2024/07/21 09:57:53時点 Amazon調べ-詳細)

 

最新情報をチェックしよう!