40代に多い|会社を辞めたいけど辞めれないない人が2021年やるべきこと!

  • 2021年1月13日
  • 2021年5月18日
  • 1
1
40代になると
「このままでいいのか?」
「もっと稼ぐ方法はないか?」
「もっと経済的に豊かになりたい?」
「会社を辞めて転職はできないか?」
と考える人は意外に多いです。

 

ただし、40代が転職で成功する確率は20代、30代に比べて非常に低いのが現実。
画像引用;リバティワークス

 

私は、40代会社員です。
同じように会社を辞めたいと思ったことは何度もありますが、でも皆さんの多くと同じで、すぐに転職なんてできるはずもないわけです。
「子供の学校もある」
「ローンもある」
「家族が食べていけなくなるのではないか」
となれば、今の会社にとどまるのが無難。

 

多くの人がそう考え着くのではないでしょうか。

 

 

そんな私は会社にいながら、あることを始めて、かなり精神的に楽になりました。
それが副業です!
※私の場合はブログ

 

私はブログを始めてからは会社員でいることが大きなメリットに感じています。
結論を言います。

 

2021年は副業を開始しましょう!

 

詳しく理由を説明します。

なぜ副業がおススメの生き方なのか

PhotoMIX-Company / Pixabay
コロナ後の社会が不明
もし、かなりのスキルがあって、すぐにでも個人で稼げるという自信がある人だとしても、今会社を勢いで辞めてしまうのは、正直おススメしません。
(ずっと考えていて戦略を練ってきた人は別です)

 

このコロナの時代。まだ不安定過ぎます。

 

40代の転職はリスクが大きい
先ほどのグラフでもわかるとおり、40代の転職は中々難しいです。
同じスキルがあるなら40代より20代、30代が選ばれるでしょう。

 

若ければ、労働時間、給料、上司とのいざこざ、仕事内容等いろんな面をトータルで考えて新たなステージにチャレンジしてもいいかもしれません。
ただ、多くの40代は今リスクを取るべきではないと考えます。

 

会社の給料以外の収入の柱を作る
副業を行うということは今の会社以外で自分でビジネスを行うということです。
商売です。
そうすると自分の力で収入を得ることができます。

 

いきなり今の給料並の収入は得ることはできないでしょう。
でも、月10,000円程度は現実的です。

 

副業のすごい所は、無限に拡大させることができる点です。
方法も、方針も全て自分でコントロールできるわけです。

 

心のよりどころ
副業をしていると、会社で何があっても、自分のビジネスがあるからまあいいやと思えるんです。
自分でどうにかできるプラットホームがある。

 

いわゆる社畜にならず、疲れない毎日を送ることができます。
これは私にとって非常い大きかったです。

 

副業はリスクが低い
WEB系であれば、多くの副業は今すぐ参入できます。
ものによりますが、投資は少しでもできます。
また失敗しても本業があるので、収入の心配はありません。
失敗してもやり直しができるのです。

 

本業に甘えてしまう可能性が高く転職、独立組に比べると覚悟が弱いことです。
あくまでビジネスをやるんだという強い決意は必要ですね。

 

 

私の副業の状況

rawpixel / Pixabay
私は2007年からずっとブログを書いていました。
その時はいわゆる日記です。

 

そして、2019年7月から別のブログを作り、副業を始めました。
今では月5桁の収益が入ってくるようになっています。

 

給料以外の副収入があると、こんなに心持ちが違うのかということを実感しています。
今まで、ゴロゴロしたり、YouTube見たりネットサーフィンしていた時間をブログに充てたというだけです。
私はずっとブログを書いていたのでブログ自体は自然に入ることができました。
私のおススメはブログですが、副業は無数にあります。
今、自分に何ができるか。何が合っているか。
しっかり考えて副業を選択しましょう。

 

今の時代は副業がやりやすい

fancycrave1 / Pixabay

 

副業ってそんなに簡単にできるの?
って思うかもしれませんが。

 

やる気次第で、簡単にできます。
誰に断る必要もありません。

 

副業が流行り出した背景

 

インターネットの普及
初心者におススメはブログ等のweb系の副業です。
インターネットがここまで普及していると、個人がなんでもできちゃいます。
ネット上に店を作ることができるし、ブログで商品紹介もできる。
時代は流れています。
多くの先人がいる(ブログやYouTube)
やり方を無料で教えてくる人がインターネット上に無数にいます。
※だましてもうける悪いやつもいるので要注意
私もスタートは完全独学。
ブログやYouTubeで学びましたよ。
おススメはコチラのブログです!

これに習って進めると、収益化する状態まで全て完成します!

 

社会的な理解
日本でも副業が解禁されつつあります。
就活情報大手マイナビが発表した働き方や副業に関する調査によると、副業・兼業を認めている企業は49.6%だった。理由は「社員の収入を補填するため」が43.4%で最多で「社員のモチベーションを上げるため」が37.5%で続いた。マイナビは「新型コロナウイルスによる業績悪化の影響で、社員の収入を考慮して副業を容認する傾向がある」としている。(日本経済新聞より引用)
副業って悪いことってイメージの方もいるかもしれません。
会社を裏切るような感じがするからです。
でもそれは違います。

 

結局副業は自分のタメです。
だって、将来超絶ピンチになったとき、会社は助けてくれませんからね。
会社の規則も個人にとってはマイナスに変わっていきます。

 

会社員にとって副業はマストな時代

geralt / Pixabay

 

コロナの影響もあり、今日本の会社は大きく変化しています。
あの、ANAがボーナスカットされるのです。

【冬の賞与ANAはゼロ、JAL0.5カ月分で労使合意】

全日本空輸(ANA)が全従業員約1万5千人の今冬の賞与をゼロにする提案を、労働組合が受け入れたことが30日わかった。冬の賞与を支給しないのは創業以来初めて。(引用:日本経済新聞)

 

こんなこと、誰が予想したでしょうか。

絶対に落ち込むことは無さそうなブライダル、ホテル、旅行、観光業・・・
世の中絶対はありえないということをみせつけられました。

 

あなたの会社はいかがですか?
・ボーナスはずっと支給されそうですか?
・退職金は間違いなく支給されそうですか?
・定期昇給、ベースアップはありますか?
・給料見直しはありませんか?
・早期退職募集していませんか?

 

ただし、今やるべきは会社を辞めることではありません。
副業で自分で稼ぐベースを作ること!

 

何も実績がない、できることがないのに会社を辞めるのはリスクが大きすぎます。
副業で何かしらのスキルを身に付けて、自分で稼ぐということをはじめましょう。

 

まとめ

会社を辞めたいけど辞めれない人におススメの対策を解説しました。

 

40代になると、実際問題そう簡単に会社をやめることは出来ないと思います。
障壁が大きすぎる。
一世一代の大博打みたいに退職してチャレンジして大成功するケースもありますが、だれも保証はしてくれません。

 

20代の時と違って、色んな足かせがあるのは40台の宿命。
かといって、そのまま会社に居続けることもリスクがある現代です。

 

2021年、まずは個人で稼ぐことを考えて目標をたててみましょう。

 

副業でもし稼ぐことができたなら、会社員のメリットを享受しながら副収入を得るということになります。
独立、転職は副業が上手くいってからでも遅くはありません。
それよりもこれからは個人の時代
副業で個人のスキルを磨いていきましょう。
最新情報をチェックしよう!