走らないでやせる方法。ダイエット継続のカギ!自分にあった有酸素運動を見つけよう。

ダイエットと言えば、筋トレ、食事制限、ランニングってイメージの人は多いかと思います。

 

その通りです!

 

友人

でも走るのだけがどうも難しいんだよね。

走るの辛いし、何より時間がない。

ランニングに変わる何かってないのかな?

 

アノマリスト

そうだね。

ダイエット法の中でもランニングの継続って結構ハードル高い。

でもダイエットを効果的にするには、やっぱりランニングみたいな有酸素運動は絶対にやったほうがいいんだ。

 

 

有酸素運動とは、好気的代謝によってヘモグロビンを得るため長時間継続可能な軽度または中程度の負荷の運動をいう。

無酸素運動とは、嫌気的代謝によって酸素の供給が逼迫した状態でも一時的にエネルギーを得る高負荷の運動をいう。

(引用:ウィキペディア)

 

ただ、できれば走らないでやせたいって人、実は多いと思いんです。

つらいですからね。

 

そんな私も、今は走ったりしていますが、苦しいランニングはやらなくて済むならできればやりたくないですよね。

 

走って走って苦しい思いをした分だけやせるというメカニズムはありません。

 

この記事では、ズバリ!走らないでダイエットを成功させる方法を解説します!
✔効率的にやせるには有酸素運動は絶対必要!
✔でも走るだけが有酸素運動じゃない。

 

食事制限や筋トレは家で時間を探してできるけど、ランニングは厳しいんだよな。

という感じで、走らないでやせる方法を探している人は参考にしてください!

 

 

走りたくないなら歩く!自分にあった有酸素運動とは?

 

ダイエットには有酸素運動が必要不可欠ということはわかりました。

 

では走る以外の有酸素運動って何があるのでしょうか?

 

 

有酸素運動といって思い浮かぶものとしては以下があげられます。

✔ ウォーキング

✔ ランニング

✔ エアロビクス

✔ サイクリング

✔ 水泳

 

この中から有酸素運動の第一歩として

ウォーキングをおススメします!

 

有酸素運動というのは、継続してカラダを動かして負荷を与えることです。

酸素を多く使うので、呼吸も激しくなりますね。

だから苦しいと感じるわけです。

苦しいイメージがあります。

 

でも苦しい思いするだけが有酸素運動ではありません。

 

走りたくない場合は、歩けばいいのです。

 

ウォーキング ➡ 散歩

サイクリング ➡ 遠回りの買い物

くらいから始めるというのはかなり有効だと思います。

 

少し成果が出始めると、人は欲が出てもっと効率的にやりたいと思い始めます。

それからランニングに挑戦するとスムーズです。

 

 

ランニングとウォーキングの消費カロリーの差

 

そこで気になるのが、ランニングした場合とウォーキングした場合の消費カロリーの差です。

 

○体重60キロの人が30分行った場合では

✔ ランニングで240キロカロリーほど

✔ ウォーキングで95キロカロリーほど

ごはん一膳(茶碗一杯)で230キロカロリーですから、壁の高さが伝わる数字ですね。

 

有酸素運動の効果は消費カロリーだけではありません。

筋力も付きますし、心肺機能も強化されます。

継続することで痩せやすい体になっていくのです。

 

ウォーキングでもやせるカラダは作れるけど、ランニングに比べて時間がかかります。

 

いきなり100点を目指さずにまず10点を積み上げる

という意識が大事になりますね。

 

 

日常生活に有酸素運動を取り入れるコツ

 

コツは以下の4つです。

・スマホの万歩計機能を活用し、歩数を意識する

・休日は家族と出かける(店内、園内歩き回る)

・車通勤の方は駐車場から遠回り、電車通勤は最寄り駅の隣駅を利用。

・会社では階段を利用

 

ありきたりと言えばありきたりかも知れません。

ただ、このようなストイックなメンタルが効果抜群!

少しでも歩くチャンスを貪欲に狙っている感じです。

 

会社でしたら腰が軽い、フットワークがいいと周りの評価も高まるかもしれませんね!

 

水泳もおススメ

 

有酸素運動の中では水泳もおススメです。

ただ、水泳については、市営のプールやジムに通う必要があります。

その分、少しハードルは高めかもしれませんね。

 

水泳のメリットは以下の通りです。

✔ 水温が低いため自然にカロリーを消費する

✔ 抵抗があるため、数倍のカロリーを消費する

✔ 浮力があるため動きやすい

✔ ケガをしにくい

 

ただ、私の経験上、水泳後はすごくお腹が空きます

すごい動いた感、疲労感があるので、食べて飲んでしまう傾向にありました。

このあたりはデメリットとなるかもしれません。

 

まとめ

 

ランニングをしたい気持ちが少しでもあれば、まずは外に出て散歩する習慣をつけましょう

ランニングは絶対イヤだという方は歩くか自転車で走ってみましょう

近くにプールがある人はプールに一度通ってみましょう

 

走らない=有酸素運動をしない

ということではなく、

自分にあった有酸素運動を少しでも実行する

 

まずは0→1にすることです

 

ダイエットにどの有酸素運動を取り入れるか。

これは家庭環境にもよります。

 

また始める季節にもよりますね。

 

とにかくダイエットのためのトレーニングの中でもきついタイプの運動です。

敬遠してしまいそうなトレーニングですが

いかに継続できるか。

継続するための環境作りも非常に大切になります。

 

【苦しくなるちょっと前の強さ、辛くなるちょっと前の強さ】 を課題にする

 

さあ、明日から第一歩を踏み出しましょう!

 

最新情報をチェックしよう!